Webマーケティングを熟知することがマーケティングを成功させるカギ

経済産業省が平成25年に発表したデータによりますと、SNSやアプリなどwebを利用した市場は個人向けは約9.5兆円、企業間は約262兆円であり、今後この市場は益々拡大していく方向です。

そのためWebマーケティングを駆使して、いかに無理な売り込みをせずに、ユーザーに興味を持ってもらって自社のサイトに誘導し購入してもらうルートを作るかが、売り上げ増大の鍵となっています。

Webマーケティングといっても様々な方法があり、一番簡単な方法と言えばSEOがあげられます。

SEOとは検索エンジン最適化の意味で、Googleなどで検索した時に最初の方に表示され目につきやすいようにする施策のことです。

以前は自社サイトは別のサイトを複数持って、それらにリンクを貼ることで検索の上位に上げる方法が一般的でしたが、今ではユーザーの利益になるように、ユーザーにとって良質なサイトが検索の上位にくるようになりました。

SEOの施策では自社サイトの内容の向上が重要となっているのです。

SEOは費用がかからないというメリットがありますが、もし費用をかけても即効性が必要というのであればリターゲティング広告が良い選択です。

リターゲティング広告とは以前見たサイトの広告が、違うページを閲覧している時に表示される広告の方法です。

これは以前見たサイトのクッキー情報が残っているので、それを利用してユーザーの後を追いかけるように広告が表示されるのです。

同じく即効性のある広告としてリスティング広告があります。

リスティング広告とはGoogleなどで検索した時に上部に現れる広告のことです。

リターゲティング広告やリスティング広告はそもそも購買意欲がある人に対して配信される広告なので費用対効果が高いと言われています。

これらのWebマーケティングの方法が有効な手段として扱われるようになったのは、サイトにアクセスしたログを解析して、すぐにマーケティングに活かせるというメリットがあるからです。

施策によっては費用がかからず、またすぐに結果を数値で把握できるので、自社のマーケティングを強くしたい場合にはWebマーケティングを熟知することが必要です。

そもそもWebマーケティングとは何か

Webマーケティングという言葉自体は聞いたことがあるけど、そもそもどういうものなのかを知らない人は多くいます。

意味だけで考えるならWeb上で行われるマーケティングです。

マーケティングとは、商品が売れるように市場調査や宣伝だけではなく、輸送や保管・管理など、全行程に渡って行う企業活動です。

さすがにWeb上ですべての活動を行うことはできませんが、Webで行う物を売るための活動だと考えておけば分かりやすくなります。

販売促進のための活動がマーケティングと考えれば、Webマーケティングは何をする物なのかが見えてきます。

様々なサービスを利用しての集客、ショッピングサイトの利便性を向上させてサービスを提供する接客、そしてリピーターを増やすための再来訪促進です。

このようにまとめてしまえば当たり前のことに見えますが、明確にどんなことをするのかを意識するだけでも違います。

インターネット上のサービスには色々な種類があり、どんなサービスが利用されているのかによってWebマーケティングも変わってきました。

とりあえず検索でヒットするようにすれば良いということから始まり、多くの人が利用するサービスで広告を出すこと、そしてそれはソーシャルメディアを利用した宣伝へと変わってきています。

移り変わりの激しいインターネットでは、Webマーケティングも柔軟な動きが必要なのです。

これからネットショップを開業する人や、すでに開業している人は、Webマーケティングについてしっかりと勉強をしてください。

Web上では多くの人に見てもらえるチャンス派ありますが、それはライバルも同じことです。

見られるだけではなく、興味を持ってもらえなければ、どれだけ頑張ってもそれに見合った効果は出ません。

賢く効率的に広告を出し、快適に利用できるWebサイトを用意。

そして引き続き利用してもらえるようにするためには、どんなことが必要なのかを勉強してみてください。

それこそが成功への近道です。

Webマーケティングとして有名な集客方法と接客方法について

インターネットが普及してくるにつれ、Webマーケティングの方法も進化してきました。

今までは企業とお客様のやり取りというと電話やメールが主でしたが、現在ではリアルタイムのチャットやLINE、アプリなど様々な形式で行うことができます。

インターネットの世界が私たちの生活に欠かせないものとなってきた今、よりお客様に販売を促すWebマーケティングの方法は多種多様となってきました。

そこで今回はその中でも集客方法と接客方法についてご紹介します。

集客方法として最近多いのがFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを利用したマーケティングです。

ソーシャルメディアでアカウントを持つことによって直接ユーザーとコミュニケーションを取ることができるので、ユーザー側としてはとても親近感を持つことができます。

企業側もよりユーザーと密なコミュニケーションを取りながら自社サイトへのアクセスを促すことができるので集客方法として有効な手段です。

もう一つ皆さんがよく目にする集客方法として有名なのがリスティング広告です。

GoogleやYahooなどで検索した時に、検索結果の上の方にキーワードに関連する企業の広告が表示されるのを見たことがあると思います。

これらの広告をリスティング広告といい、比較的低予算で始めることができます。

ユーザーが知りたいキーワードに関連する広告なので、ターゲットにリーチしやすいというメリットがあります。

ただし競合が多い場合は広告費が高くなる傾向にありますから注意が必要です。

接客方法として有名なのが前述したリアルタイムでのチャットやクーポン発行です。

これらを行うことによってユーザーに購買などのアクションを取るように促していきます。

またユーザーがサイトから離脱しない施策も大切な接客方法の一つです。

例えば郵便番号を入力しただけで住所が途中まで表示されるのもユーザーが離脱しないようにする接客方法の一つで、EFO(入力フォーム最適化)と呼びます。

メルマガ、リスティング広告、アドネットワーク広告

企業にとって現在Webマーケティングのあらゆる方法を使ってユーザーに自社の商品に興味をもってもらおうと努力しています。

いかにユーザーを自社のサイトに訪問してくれるか、そしてどれくらいサイト内に滞在してくれるかなどは、販売をしていく上で重要なデータとなります。

以前のマーケティングではこれらのデータを集めることは難しかったのですが、Webマーケティングであれば、ログが残るので、誰がどこから来て、どのページをどれくらいの時間見たかなどを把握することができます。

また、それを利用して更なる販売活動につなげることができるのです。

そこで販売活動において重要なWebマーケティングについてご紹介します。

Webマーケティングの市場は年々拡大傾向にあり、SNSやアプリなどの普及により、さらに個人と企業のコミュニケーションは活発になってきています。

Webマーケティングといってもメルマガやリスティング広告、アドネットワーク広告など色々な方法があります。

メルマガは個人のメールアドレスを入手して、メルマガやステップメールを配信していく方法です。

すぐに販売に結びつかないかもしれませんが、属性に合わせた内容のメールを送り続けることで、近い将来の販売に繋げることができます。

リスティング広告はGoogleなどのブラウザでキーワードを入力して検索した時に、検索結果の上に表れる広告のことです。

キーワードに沿った広告なので、広告主としては購買してくれる可能性の高いユーザーにヒットする確率が非常に高いです。

アドネットワーク広告とは自社の広告を一つの窓口を通して、複数のサイトに配信することができる方法です。

Google AdSenseなどがアドネットワーク広告の窓口になっています。

自分で広告の配信先を選ぶことはできませんが、一度に大量の広告を出すことができるので大変お得です。

効果的なFacebook広告

Webマーケティングの方法といえば、SEOやアフィリエイト、リスティング広告など色々挙げられますが、その中でも圧倒的に手軽で効果的なのがFacebookを利用した広告です。

大企業から個人事業主までアカウントさえ持っていれば気軽に始めることができ、かつ広告を配信したいユーザーの絞り込みも簡単にできるので、費用対効果が大変高いWebマーケティングと言われています。

自社のサイトに誘導するリンク広告が一般的ですが、Facebookの広告にはスライドショー広告、ダイナミック広告など色々な種類があります。

スライドショー広告とはテキストと音声を組み合わせた広告で、動画広告よりも軽いので、ユーザーを離脱させることなく、自社の訴えたい世界観を見せることができます。

特に扱う商品が多い企業などではより多くの商品の紹介ができるのでスライドショー広告は大変おすすめです。

ダイナミック広告はユーザーがサイトやアプリにアクセスした履歴を元に、それに関連する商品を販売する企業の広告を選んで配信してくれます。

効率よく自社の商品に興味を持ってくれそうなユーザーに対して広告を配信できますし、またこの広告の配信は自動で行ってくれるので、広告を配信する側は出稿という煩わしさから解放されるというメリットがあります。

その他にも店舗近くに住んでいるユーザーに対して広告を出せる近隣エリア広告や、お得なクーポンを発行するクーポン利用広告、アプリのインストールを促すアプリインストール広告など、あらゆる種類の広告がFacebookには存在しています。

Webマーケティングには正解というものがありません。

ただし従来のマーケティングと違ってWebマーケティングは、履歴が残るので、その履歴を元により効果の高い方法を模索していくことができます。

さらにFacebookは低予算で始められますし、また改善したい場合はすぐに広告の方式を変えることができるというスピーディな対応ができますから、利用しない手はありません。

Webマーケティングは成功をしている時こそ研究のチャンス

Webマーケティングを成功させるためには、実際に利用をする人と商品についての研究は欠かせません。

自分が取り扱っている商品についてはしっかりと研究をしていると言う人でも、どんな人がそれを求めているのかまでは研究不足なことは多いのです。

客と商品の定義をしっかりさせることが、成功のためには必要です。

この問題は、できているつもりの人ほど陥りやすい落とし穴です。

サイトを訪れる人についても、徹底的に研究をする必要があります。

各ページのアクセス解析は、常に行いたいことの1つです。

どんな検索ワードで訪れているのか、表示回数はどれくらいなのか、クリックはどれだけされているのか。

入り口のページだけでも、この3点については常に把握しておきたい情報です。

さらには各ページを見ている人の情報も重要です。

多くの人が見ているのに、そこから離脱する人が多い場合は、何が問題になっているのかを研究する必要があります。

クリック率が低い場合は、ページそのものの構造を見直す必要もあります。

表示位置の問題なのか、デザインが悪かったのか、それとも説明文が分かりにくかったのかなど様々です。

これらの問題を研究する際に重要なのが、人間心理について学ぶことです。

Webマーケティングの目的は、利用者に対してどれだけ働きかけることができるのかです。

「この部分に設置した広告はクリック率が高い。それはいったいなぜなのか」など、良い結果を出しているものに対しては、ひたすら「なぜ」を追求していきます。

そうすることで、自分でも無意識に行ったことから成功のための鍵が見つかります。

Webマーケティングにはこの方法が有効という知識は、ちょっと調べればすぐに見つけられます。

そしてそれを実践しているだけでは、まだ基礎の段階です。

その仕組みについて勉強をして、ほかの項目にも活かせるようになってこそ、Webマーケティングができていると言えます。

向上心を忘れることなく、常に勉強をしていく姿勢を持つようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました