新着情報

 

本領域について
 スピン変換とは、固体電子を媒介として生じる光,スピン,熱・力学運動など多彩な角運動量の相互変換の総称であり、磁性体,常磁性体,半導体,絶縁体等の異種物質の比較的単純な接合構造において発現します。
 本研究領域では、接合状態とスピン変換機能の探索を軸に①磁気的、②電気的、③光学的、④熱・力学的スピン変換物理を実験と理論の両面から連携研究することにより、多彩なスピン変換物性を創出します。最終的にはこのような伝導電子スピン、局在スピン、フォトン、フォノンなど多様な粒子・準粒子の間を結びつけるナノスピン変換科学の物理体系構築を目指します。
  • 研究概要
  • 研究組織
  • 研究成果
  • 研究活動

 

関連リンク

■物性科学領域横断研究会(領域合同研究会)

文科省    JSPS    科研費    wakate