Webマーケティングの集客施策と接客施策の例

集客施策と接客施策の例Webマーケティング

Webマーケティングの重要性は年々増してきています。

経済産業省が平成25年に発表したデータによるとWebマーケティングの市場は個人向けで約9.5兆円、企業間で約262兆円で、市場規模はさらに拡大傾向にあります。

企業は販売活動を促進するためにさらにWebマーケティングに力を注いでいくことが必至となっていますが、Webの世界はドッグイヤーと言われるほど次々に新しい手段や方法が出てきている状態ですから、Webマーケティングの正解はこれだという定義づけは難しいです。

しかし一般的にWebマーケティングにはサイトにユーザーを集める集客施策と、ユーザーにアクションをとらせる接客施策があります。

集客施策と言われるものは色々ありますが、中でも有名なのがSEOです。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、Googleがサイトの内容がユーザーにとってとても有益だと判断したものであれば検索の結果の上位に出してくれるというものです。

Webサイトの露出を高めたいのであれば、SEOを意識したwebサイト作りが何より重要ですが、それを意識しすぎてキーワードをやたらに繰り返すような質の悪いWebサイトは逆効果になりますので、フェアで質の良いwebサイト作りを心がけましょう。

もう一つ集客施策として有名なのが、SNSを利用した広告です。

FacebookやTwitterなどに広告を出す際に、ターゲットにしたい年齢層や地域、興味、関心などの属性を指定して配信することができるので、とても効果が高い施策の一つと言われています。

接客施策ではユーザーに購買や資料請求、お問い合わせなどのアクションをしてもらうように促す施策です。

例えばリアルタイムでユーザーとチャットしたり、期限付きのクーポンを発行したりなどが接客施策として挙げられます。

いかにユーザーがWebサイトに興味を持ってくれて、途中で離脱しないようにするか常に改善していくことが重要になってくる施策です。

Webマーケティングでは何を売りにするのかが重要

選択肢が豊富にあることは良いことです。

しかしあまりにもその項目が多すぎると、いったい何を選べば良いのか迷ってしまい、そこで手が止まってしまいます。

これはWebマーケティングでも重要な問題です。

たとえばあるWebショッピングサイトがあります。

そこには様々な商品が並んでいるのですが、それだけです。

いったい何が売りなのかが伝わってきません。そうなるといくら良いものを取り扱っていても、注目はしてもらえません。

多くの人が訪れたとしても、そこで目に付くものがなければそれで終わってしまうのです。

自由に選択ができることは、利用する人にとって良いこととは限りません。

たくさんの商品があるなら、平等に売れて欲しいのは売り手側の考えです。

しかし目玉になるものを用意できなければ、買い手側はあまり良い反応をしてくれません。

最初から多くの商品を取り扱うより、まず集客ができる売れるものに絞り込んで考えていきましょう。

どんな時期に何が売れるのか。

これも重要です。

たとえばクリスマスの時期になると何が売れるのか、それぞれの季節に合わせて売れる商品もあります。

もちろんこれは取り扱っている商品やサービスによって異なるので、すべての時期に合わせたものを用意できるとは限りません。

そのショッピングサイトで用意ができる商品を効率的に売るなら、商品分析は必要不可欠です。

どんな時期に求められることが多いのか、どんな人が欲しがっているのかを考えましょう。

また初回販売に適したものもあれば、継続的な販売に適したものもあります。

それぞれの商品特徴を知っていれば、それに応じて宣伝方法も変わってきます。

集客に力を入れたら、今度はいかに買ってもらうのかについて考えていく必要があるのです。

品揃えは良くても、ごちゃごちゃしていて何を選べば良いのか分からない。こういう問題を抱えているところは多いのです。

手にとって選べるならそこに楽しみを見出す人もいますが、Webサイトの場合はそう上手くいきません。

そのための流れを販売側で用意していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました