Webマーケティングを始めるなら低予算で出来るFacebookがおすすめ

Webマーケティングを始めるなら低予算で出来るFacebookがおすすめWebマーケティング

Webマーケティングの方法は色々ありますが、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワーキングサービスを利用した施策は、とても有効な手段として多くの企業が利用しています。

例えばFacebookの場合、年齢層や居住地域、関心のあることなどの属性を決めてターゲットを絞ることができます。

また企業自体がFacebook上でアカウントを持ち、ユーザーと緊密なコミュニケーションを取ることによって、自社サイトへのアクセスを誘導することもできます。

Facebookを利用した広告はユーザーへの訴えかけが簡単なので、とても即効性がある施策として人気があります。

Facebookの広告として一番多いのがリンク広告です。

よくFacebookを見ていると企業のサイトを紹介した記事がフィードされてくるのを見かけるでしょう。

これをユーザーにクリックしてもらって自社サイトへ誘導していきます。

さらに多くの商品を扱う企業にとって、リンク広告の表示だけでは商品のコンセプトが伝わりにくいことがあります。

その場合はカルーセル広告を使えば画像を横にスライドすることができるので、より多くの商品を紹介することができます。

さらに企業のコンセプトや世界観をユーザーに伝えたい場合はキャンパス広告が適しているでしょう。企業のブランドイメージや映画の広告など、ある種の物語を伝えたい場合はキャンパス広告を使うと別のページに遷移させることなくユーザーを誘導させることができます。

ブランドイメージや映画の広告は容量が大きいと読み込みに時間がかかり、ユーザーは興味を失ってしまいサイトから離脱してしまいます。

しかしキャンパス広告はサイトの読み込みが早いので、ユーザーの興味を失わせず、そして離脱させることなく企業の伝えたいメッセージを映し出すことができるのでおすすめです。

Facebook広告は比較的低予算で始めることができるので、まずは気に入ったものを試してみましょう。

効果的に広告を配信できるWebマーケティングの基本Facebook広告について

企業にとってWebマーケティングでいかにお客さまに自社の商品に興味を持ってもらって、自社のサイトに誘導するかが大切となってきています。

数あるWebマーケティングの方法の中でとても有名なのがFacebookを使った広告です。

Facebookを利用した広告は低予算で始めることができるので、大企業に限らず、個人事業主の間でも広く使われています。

料金は入札制で、規定の回数表示された段階で課金されるCPM課金、クリックされた時に料金が発生するクリック課金、広告経由でアプリがダウンロードされると料金が発生するCPI課金などがあります。

Facebookを見ていて、時々企業の広告がフィードされてきます。

この広告をクリックすると自社のサイトに誘導するようになっており、このリンクをはったこの広告がFacebookで一番多いパターンの広告です。

しかし自社の世界観やコンセプトや数ある商品を伝えたいと思うのであれば、リンク広告よりもさらに凝ったキャンパス広告やカルーセル広告を選びましょう。

これらの広告は動画広告のように重くないので、ユーザーの離脱を防ぎつつ、複数のスライドを見せることができます。

もし実店舗をお持ちの方の場合は、近隣エリア広告がおすすめです。

Facebookの広告が素晴らしい所はあらかじめ年齢や住んでいる所、趣味などの属性を広告を配信する際に絞ることができる所です。

実店舗の紹介をしたいのであれば、Facebookの近隣エリア広告を使えば、店舗の近くにお住まいのユーザーにのみ広告を出すことができて、大々的に広告を打つよりも実際に足を運んでくれそうな方に広告を出すことができるので費用対効果があります。

その他にも来店してもらうためにクーポンを発行したりすることができるクーポン利用広告もありますから、併せて広告を配信するとよりターゲットになりそうな人の興味をひくことができるのでおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました