Webマーケティングはアクセス数を増やすことから

Webマーケティングはアクセス数を増やすことからWebマーケティング

Webマーケティングをするためには、いったいどこから手を付ければ良いのか。

ここで迷ってしまう人もいます。

最初に全体的なことを考える必要はありますが、まず何が重要なのかというと、それは集客です。

まず商品やサイト、サービスを知ってもらわなければ、次へつなげることができないからです。

たとえば、ある通販サイトがあります。

ここは使いやすくてサービスが良く、一度利用したら次も利用したいという工夫に満ちあふれています。

これだけでも成功しそうな雰囲気ですが、肝心のアクセス方法を知らない人が多いのです。

限られた会員向けに提供するサービスならこれで完成と言えますが、多くの人に利用されたいなら多くの人に知ってもらわなければ意味はありません。

口コミだけでは限界があるので、まずアクセス数を増やす必要があります。

アクセス数を増やすためには何をすれば良いのか。

代表的なのはSEO対策です。

検索エンジンで特定のキーワードを使って検索をした時に、検索結果で上位に表示されること。

これはとても重要なことです。

ライバルが多い中で検索ページの1ページ目に表示されるようにするのは大変ですが、できるだけヒットしやすい状態にするのは基本です。

しかしこの方法は、労力とコストに対してなかなか結果が出にくい一面もあるので、長期的に考えていきましょう。

アクセス数を増やすために効果的な方法として、ネット広告、ブログ、ソーシャルメディアの活用があります。

ネット広告はお金がかかるので、最初から導入するのは難しいかもしれませんが、ブログを作って宣伝をしていき、合わせてソーシャルメディアでつながった人へ宣伝をしていく方法なら簡単に始められます。

アクセス数を増やすためには、これらの方法を継続して行っていく必要があります。

一度行ったからそのままにしているだけでは、次々に出てくる新しい情報に押し流されてしまいます。

大切なのは継続して行うことです。

そうやって次へつなげることができれば、Webマーケティングも次の段階へ進められるようになります。

集客、接客、再来訪というWebマーケティングの三つの施策について

Webマーケティングには集客と販売、そして再来訪という三つの施策があります。

集客として最も有名なのはSEO対策でしょう。

Googleなどの検索で上位に表示されるようにサイトの内容を上質なものに改善していくことで、費用はほとんどかかりませんが、即効性はありません。

しかし長期的に見れば上質のサイトにしていくことでアクセスを自然に増やすことができる方法なので、まずはここから手をかけるのが大切です。

さらに有効な集客方法としてFacebookなどのSNSを利用する方法があります。

自社でアカウントを持ってユーザーとコミュニケーションを取ったり、サイトへの誘導を促したりすることができます。

またFacebookではあらゆる種類の広告を出すことができますから、まずはターゲットを絞って広告を出してみましょう。

Facebookの広告の良いところはあらかじめターゲットを絞ることができるところです。

年齢や性別、住んでいる地域、関心や興味などターゲットを絞ることで、より効果的に広告を配信することができます。

さらにFacebookの広告は予算内で始めることができるので、あまり費用をかけたくない場合はまずはお試し程度から始めてみましょう。

接客施策としてはクーポンを発行したり、ユーザーとチャットしたりなどをして実際の店舗での接客と同じような行動を取ることがあげられます。

ユーザーに問い合わせや購入などのアクションを取ってもらうために密なコミュニケーションが取れることもwebマーケティングの特性と言えるでしょう。

再来訪施策としてユーザーとの関係が切れないようにするために、リターゲティング広告を出す方法があります。

これは以前見たサイトの広告が別のサイトを見ている最中に表示される方法です。

これは以前見たサイトのクッキー情報を利用して表示しているわけですが、このようにwebマーケティングはデータを利用することで、よりユーザーを意識した広告を配信できるので、とても効果の高いマーケティングができます。

タイトルとURLをコピーしました