Webマーケティングの基本SEOとリスティング広告について

Webマーケティングの基本SEOとリスティング広告Webマーケティング

近年Web上の市場は拡大傾向にあり、個人事業主から大企業までWebマーケティングをいかに効果的に行うかが売り上げ拡大において重要な課題となってきています。

大企業であればWebマーケティングを外部の専門業者に依頼することも多く、ネットを検索してみると大変多くのWebマーケティングのコンサルティング業者がいることがわかります。

Webマーケティングの基本SEOとリスティング広告について

まずは自分で施策する

もし自社のWebマーケティングで迷っているのであれば、このような外部のコンサルタント業者に頼んでみるのも良い方法ですが、まずは自分で行ってみて実際に購買意欲を掻き立てるサイトの作り方や、自社サイトへのユーザーの誘導などを肌で感じてみましょう。

一見難しそうなWebマーケティングの世界が少し理解できるようになってきます。

SEO(検索エンジン最適化)

一番簡単なWebマーケティングの手段といえばSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)です。

これは検索結果で上位に表示されるようにすることで、かつては別のページにリンクを貼って自社サイトに誘導する方法が一般的でした。

しかしこの方法だと記事の内容が粗悪なことが多く一時期問題になっていました。

そこで現在Googleは記事の内容を判断し、ユーザーにとって良質と判断できるWebサイトを検索結果の上位に表示するようにしています。→SEO スターター ガイド

アクセスの増加がすぐに見込める方法ではないのですが、長期的にユーザーを自然流入させることができますし、またSEOは費用がほとんどかからないのでおすすめです。

リスティング広告

もしすぐにでもアクセス数を伸ばしたいのであれば、リスティング広告がおすすめです。

キーワードを入力して検索した時に、検索結果の上部にいくつか広告が表示されるのを見たことがあると思いますが、それがリスティング広告です。

リスティング広告はもともと購買意欲のあるユーザーの目に留まりやすいので、サイトに誘導しやすく販売につながる可能性が高いです。

しかし競合が多い場合には費用が割高になることがありますので注意が必要です。

リスティング広告とリターゲティング広告について

Webマーケティングの方法にはサイトにユーザーを集める集客施策とユーザーに購買などのアクションを取らせる接客施策、そしてユーザーに再度サイトにアクセスしてもらうように促す再来訪施策があります。

どれも大変重要な施策ですが、これらを全部行えば確実にユーザーを獲得できるわけではありません。

Webマーケティングは従来のマーケティングと違って費用や効果をデータとして把握できるツールです。

例えば紙媒体のマーケティングであれば、どのページを見て購入してくれたのかわかりませんが、Webマーケティングであれば、履歴として誰がどのページにアクセスし、どれくらいの時間閲覧していたかが残るために、これらのデータを利用して企業はユーザーが多く集まる所から優先順位をつけて予算や時間を投下していけばよいのです。

それではWebマーケティングの集客施策についてご説明します。

集客施策には色々ありますが、その中でもリスティング広告やリターゲティング広告は有名なので聞いたことがあるかもしれません。

効果の高いリスティング広告

リスティング広告はGoogleやYahooで検索した時に現れる広告のことです。

確実にニーズのある人をターゲットにできますし、またクリックされなければ課金されないため比較的低予算で始められるというメリットがあります。

競合が多い場合は費用が高額になるリスクはありますが、うまく行けば大変効果の高い集客方法です。

滞在層にはリターゲティング広告

リターゲティング広告とは過去にWebサイトにアクセスしたユーザーに対して広告を出す方法です。

例えば某化粧品のサイトを見た後、違うサイトに行っても常に以前見た某化粧品サイトの広告が追いかけてくるような経験をお持ちの方は多いでしょう。

これがリターゲティング広告で、常に滞在層に広告を配信し続けることができます。

Webマーケティングはこれらの方法を駆使して常にターゲットに働きかけることで、売り込みをしなくても物が売れる流れを作っているのです。

WebマーケティングにおけるSEO対策

Webマーケティングについて知るなら、SEOについて知っておきましょう。

この言葉自体はよく目にするものなので、名前だけは知っているという人や何となく分かるという人は多くいます。

簡単にまとめると、検索エンジンで上位に表示させるための方法です。

検索エンジンの結果は1ページ目しか見られない

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字を取った単語です。

意味は検索エンジンの最適化です。

検索エンジンに登録されて最適な状態は、多くの人に見つけてもらうことであり、そのためには上位に表示される必要があります。

なぜなら、多くの人は検索エンジンの結果は1ページ目しか見ません。

よくて数ページです。よほど情報が見つからない限りは、どんどん進めていくことがありません。

検索エンジンも、探してみるとかなりの数が見つかります。

もちろんターゲットにするのは、誰もが知っていてよく使われるGoogleです。

マイナーな検索エンジンでの結果も時には重要ですが、優先度はそれほど高くありません。

上位に表示させるためには

それでは上位に表示させるためにはどうすれば良いのかです。

それぞれの検索エンジンでも上位に表示させるための基準は異なりますが、ある程度は共通しています。そのポイントを抑えることから始めていきます。

キーワードにふさわしい内容なのか、ページ内容は問題がないのか、サイト規模は大きいのか、外部からの評判は良いのかなどです。

検索エンジン側でも、多くの人が役立つと考えられるサイトを上位に表示したいので、怪しいサイトを上位に持ってくることはありません。

これだけしっかりとしたものを用意する必要があるため、SEO専門家やSEO会社があり、どのようにすれば良いのかサポートをしてくれます。

このようにSEOは、それだけで商売になるくらい重要なことです。

現在は多くの人が「とりあえずネットで検索をする」時代です。

Googleの検索エンジンで上位に表示されることは、大きなチャンスが得られることだと考えてください。

最初からそのキーワードに興味がある人の目につくのですから、その効果は計り知れないものがあるのです。

タイトルとURLをコピーしました