ブログ・SNS・動画を使ったWebマーケティング

ブログ・SNS・動画を使ったWebマーケティングWebマーケティング

ブログを使ったWebマーケティング

SNSが流行っていることによって、ブログはWebマーケティングにおける影響力が弱まっているのは確かです。

しかしその効果は弱まっただけであり、ブログを使って情報を発信すること自体が無駄ではありません。

ブログだからこそできる方法もあるので、Webマーケティングを行うなら手段の1つとして覚えておきましょう。

ブログだからこその利点

ブログ自体は、簡単に作成できます。

1からすべてを組み上げるなら大変な作業ですが、Webサイトにリンクを貼って、どこかのサービスが提供しているブログサービスを使っても良いのです。

URLが統一されているとしっかりとした作りに見えますが、いきなりそこまで力を入れなくてもひとまずブログがある状態にすればスタートはできます。

SNSの場合、まずそのサービスのユーザーである必要があります。

しかしブログの場合は、そのURLへアクセスすれば誰でも見られます。

文字数に制限があるわけでもなく、色々な使い方ができます。

SNSの場合は興味のある人がチェックをしてくれるものですが、ブログならそのサイトを訪れた時に目が付いたら見てもらえる可能性があります。

ブログはWebサイトとSNSの中間に位置

新商品が入ることや、新しいサービスの開始。また、よくある質問に回答することやスタッフの日記など、ブログで更新するネタはたくさんあります。

そしてそれを読むことによって、そのWebサイトへ親近感を持ちやすくなります。

最初はおまけコンテンツとして始めるだけでも良いのですが、うまくいけばブログ目当ての人も訪れるようになってくれます。

ブログは、WebサイトとSNSの中間に位置するようなものと考えてください。

最終的に宣伝方法を絞り込むことがあるかもしれませんが、臨機応変に対応していきましょう。

Webマーケティングを徹底するなら、様々な手段があることを覚えておきましょう。

業者に委託でもしない限り、必要なのは更新をする人の頑張り次第です。

目につくところにあるものを読む人は多いので、ブログはまだまだ活用できるWebマーケティングのツールなのです。

SNSを使ったWebマーケティング

ソーシャルネットワーキングサービス、略してSNSは、現在多くの人が利用しています。

もちろんサービスの種類自体もたくさんあるので、ユーザーはある程度ばらけています。

実際に利用をしていない人もいますが、そのサービスを利用しているユーザーに対して宣伝ができれば大きな効果が期待できます。

SNSを活用する場合は、アカウントを作成して一ユーザーとして情報を発信する方法が一般的です。

SNSはユーザーとの距離を縮まる

実際にセール情報などを発信しているアカウントは多いのですが、それ以外にもユーザーとの距離を縮めるための場所としても活用されています。

通常なら、あくまでも客と店という線引きがなされます。

ある程度仲良くなると、そのスタッフと会話をするということもありますが、そこまで踏み込んでくれる人は少数です。

しかしSNSを使えば気軽にメッセージが送れるので、ちょっとしたネタに反応してくれる人もいれば、お得な情報を目当てに更新をチェックしてくれる人も増えてくるのです。

ただ情報を発信するだけではなく、興味のあることやおもしろいと思ったことを発信することも効果的です。

お店としてではなく、一人の人間を相手にするように接してくれるため、そこから親近感を持ち好感度が上がっていくのです。

この効果は、決してあなどれません。

SNSで広告表示

SNSをWebマーケティングとして活用する場合は、広告を表示させる方法もあります。

とにかく多くのユーザーがいるところへ広告を出せば、邪魔だと思われることもあれば気になる人も出てくるのです。

まず知ってもらうこと、そしてそこから交流できるようにすることが、WebマーケティングでSNSを活用する時の目的なのです。

ちょっとした連絡を取れる場所として用意するだけでも効果があります。

わざわざ電話やメールを送らなくても気になることを聞ける場所があれば、便利なものとして使ってもらえます。

そうすることによって固定客を増やしていけます。

お客様との距離を縮める場所。それを簡単に用意できるのがSNSなのです。

動画を使ったWebマーケティング

Webマーケティングの方法として、動画を使う方法があります。

本格的な動画を作る場合は業者へ依頼する必要もありますが、ちょっとした動画ならスマートフォンがあるだけでも何とかなるので、Webマーケティングの方法として検討してみる価値はあります。

どんな動画にするか

実際にどんな動画にするのかですが、扱っている商品を紹介するだけの動画や、自ら出演するタイプの動画もあります。

後者は抵抗があるかもしれませんが、どんな人がスタッフなのかを知ることで親近感を得る人もいるので、上手くいけば大きな効果が得られます。

Webマーケティングでは、単純に宣伝をするだけではなく、お客様との距離を縮められるメリットがあります。

SNSを使用する方法も効果的ですが、そこへ動画を組み合わせることによって、さらに大きな効果が期待できるのです。

YouTubeへのアップロードなら誰でも簡単にできるので、その動画リンクをWebサイトやブログ、SNSへ貼って宣伝をしてみましょう。

動画で説得力を上げる

動画を使うメリットは、説得力の向上もあります。

実際にそれはどう使うものなのか、使ってみてどうなのかという部分は、文章や画像だけでは伝わらないこともあります。

しかし動画なら実際の動きや声が聞こえるので、信用性が増すのです。

うがった見方をすれば、それもまた仕込みと思われるかもしれませんが、少なくとも第一印象では動画のほうが効果は高いことを知っておいてください。

気になる人は、実際に宣伝などをしている動画をチェックしてみましょう。

読むのと見るのとでは全然違うことが実感できます。

ネット回線の高速化、スマートフォンの登場により手軽に使えるカメラなど、動画を使ったWebマーケティングの準備はほとんど手間はかかりません。

あとは動画を作るセンスや、出演する人の度胸次第です。

使用できる手段が増えたことで、Webマーケティングの手法もどんどん広がっています。

それらをいち早く導入して、自社の宣伝に取り入れていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました