サイト構造から行っていくWebマーケティング

サイト構造Webマーケティング

Webサイトを作る時は、大きく分けて2つの優先項目があります。

1つはデザイン性で、もう1つは機能性です。

この2つが成立していなければ、良いWebサイトとは言えません。

いくらデザインが良くても、使い勝手が良くなければ見るだけで使ってもらえません。

機能面に特化していても、そこからおもしろい情報が得られなければ興味を持ってもらえません。

片方だけではなく、この2つが両立していてこそ良いWebサイトなのです。

Webマーケティングでは、このサイト構造をどう作るのかという部分も重要な意味を持ってきます。

たくさんの情報を詰め込んでも、積極的に利用してもらえなければ意味はありません。

それは企業としてのWebサイトであっても、ネットショップであっても同じことが言えます。

入り口と出口を意識する

そのサイトでは、どのように動けば良いのかもしっかりと作る必要があります。

具体的には、入り口と出口をどのページにも用意することです。

サイドバーなどにメニューを用意するだけでも、そのページの使い勝手は全然違います。

これを徹底しなければいけないのは、検索エンジンの仕様が関係しています。

通常のWebサイトは、トップページという大きな入り口があって、そこから各ページへ進めるようになっています。

しかし大手の検索エンジンになると、そのキーワードに対して最適だと判断されれば下層のページが検索上位に表示されることが少なくありません。

そうすると、その商品のページはすぐにアクセスできるのですが、そこからどのようにしてトップページへ進めば良いのかという問題が起きるのです。

上手くいっていないWebサイトだと、この部分の作りが甘く、再度そのサイトを訪れようとする人を逃しています。

トップページをしっかりと作るのは当然ですが、実際に訪れる人はどこからでも入ってくる可能性は意識しましょう。

使う人のことを考えて、何度も利用したくなるWebサイトを作ることもWebマーケティングでは重要な方法なのです。

Webマーケティングでは魅力的で見る人の負担が少ない説明が必要

そのWebサイトに訪れる人を定着させるためには、魅力的なコンテンツが必要です。

しかし万人にとって魅力的なコンテンツは、簡単に用意できるものではありません。

それどころか、人によって趣味嗜好は異なるため、ほとんど不可能と言っても良いくらいです。

対象を絞り込む

そこで注目したいのは、誰を対象としているのかを絞り込む方法です。

Webマーケティングにおいては、対象を選別することによって切り分ける作業がとても重要です。

あれこれ詰め込んだところで、誰を対象にしているのかが分からなければ人は離れていきます。

まず実際にそのWebサイトを訪れる人のデータを用意し、どんなユーザーが多いのかを切り分けていきます。

そしてその中でもっとも多い層をターゲットにして、その人達を対象とした広告文を作っていきましょう。

これはどんな商品やサービスを利用しているのかによって、どんな方法が良いのかは変わってきます。

たとえば美容品を取り扱っている場合、「あらゆる人に使えます」という内容よりも「40代の人ならこれ」という説明文のほうが魅力的に見えるのです。

もちろんこうなると、40代の人以外はどうすれば良いのかということになるので、それぞれの年代に合わせたものを用意すれば良いのです。

切り分けをすることで高い効果が得られる

扱っている商品によって、誰向けなのかというコンセプトは異なります。

できることならみんなに買ってもらいたいと思っても、あえてそこで切り分けをすることで高い効果が得られることもあるのです。

ぎゅうぎゅうにコンテンツを詰め込んだところで、全部を読んでくれる人はごくわずかです。

それならば最初からターゲットごとに分けて、それに合致する人に集中的に見てもらえるコンテンツを作っていきましょう。

不特定多数の人に読んでもらうものでも、誰が読んでくれるのかを意識するだけで内容はまとめやすくなります。

誰に対して何を売るのか。まずはここを考えてみてください。

それができていない状態でのWebマーケティングは、ぼやけた印象から抜け出させません。

いかに顧客を引き止められるのかがWebマーケティングでは重要

Webマーケティングで重要視されていることの1つに、いかに顧客を定着させるのかがあります。

あるWebサイトでは検索エンジンでも上位に表示され、宣伝もしっかりしているので訪れる人がたくさんいます。

しかしそのページを再度訪れる人が少なければ、継続的に利用者が多いサイトよりも低評価になってしまいます。

そうするとそのサイトに対する関心度が低いと判断され、検索エンジンでも下位に表示されるようになってしまうのです。

興味を持ってもらえるだけでは足りません。

Webマーケティングにおいては、また来ようと思ってもらえることが重要なのです。

それではいったい、そのためにどうすれば良いのかということになります。

再訪問を促すテクニック

ページの利便性を向上させるのは当然のことですが、頻繁に更新をしていることが分かるようにするテクニックもあります。

たとえばどれくらいの頻度で更新が行われているのかが目に付けば、それくらいの間隔でまた訪れようとする人は出てきます。

最後の更新日がいつなのか分からないページや、そもそも最後の更新が一年前のようなページだと、其の場限りで足が離れてしまうのです。

成果が出ない時期にこそしっかりと分析する

次々と魅力的なコンテンツを用意するのは大変ですが、「継続は力なり」という言葉もあります。

活動的なサイトであると理解できれば、再訪する人は出てきます。

またそこでアクセス解析を組み合わせることで、そのサイトを訪れる人はどんなことに興味があるのかも見えてきます。

それが分かれば、その部分に力を入れていくなど方針も考え安くなります。

最初から、あらゆる方法でWebマーケティングを行おうとする人もいます。

しかし慣れない人がそれをすると、あっという間に持てあましてしまうのです。

なかなか反応がなければ、やる気がなくなってしまうこともあります。

しかしそこで手を止めてしまったら、次へ繋がることはありません。

なかなか効果が出ない時期だからこそ、しっかりと分析をして改善できるようにしていきましょう。

Webマーケティングは、これを繰り返すことで成立するものなのです。

タイトルとURLをコピーしました