Webマーケティングにおけるインターネット広告

インターネット広告Webマーケティング

自分でインターネットを利用する時には、Web広告が邪魔に感じられる人もいます。

もちろん、その中には役立つものもあるのですが、あまり良くない印象を持っている人もいるのです。

Webマーケティングにおけるインターネット広告

しかし実際に自社や商品を宣伝するWebマーケティングにおいて、インターネット広告の影響力はあなどれません。

多種多様なインターネット広告

インターネット広告にも、色々な種類があります。

あたりかまわず表示されるバナー広告もあれば、検索エンジンの検索結果に表示されるタイプの広告もあります。

ほかにもSNSの中でタイムライン上に表示される広告もあるのです。

最初に広告を邪魔にする人も多いと書きましたが、目に留まる魅力的な広告なら、チェックをしてしまう経験もあるのではないでしょうか。

広告の効果とコスト

広告を出す場合、コストが問題になります。いくら効果があるとしても、広告費にどれだけ出せるのかという問題があります。

たとえば50万円かけて広告を出し、通常よりも売上が向上したけど、30万円ほどの向上だったとします。

こうなると20万円のマイナスになり、大失敗になってしまうのです。

もちろん一度利用してくれた人がリピーターになってくれることもあるので、最初の効果だけですべては判断できません。

しかしリピーターが生まれない可能性についても考慮する必要があるので、楽観視はできないのです。

コストに対してどれだけの効果があるのか、ここを理解していなければWebマーケティングでインターネット広告を活用しているとは言えません。

ネットショップを開業したり、新しい部門として作ったりした場合も、広告費用で赤字になるケースはたくさんあります。

広告をだして赤字では意味が無い

たくさん宣伝をすれば、それだけ知られるようになり、売上も伸びます。

しかし最終的に黒字にできなければ、広告を出して良かったとは言えません。

インターネット上の広告をチェックしてみると、どれだけ人の目に付くのか工夫をしていることが分かります。

このような他社の出している広告を参考にして、自社の広告についても考えてみてください。

Webマーケティングで成功したいならまずはランディングページ最適化から始めてみよう

Webマーケティングには色々な種類があります。

例えば化粧品など何か物を買いたいと思ってキーワードを検索した時に、下にスクロールしていく長い1ページになったWebサイトに当たった経験はないでしょうか。

これらのページでは商品のリンクが貼ってあって、このページ内でお問い合わせや商品の購入などができるようになっています。

この広告ページをランディングページと呼び、直訳すれば「着地ページ」で、ユーザーが商品販売サイトの入り口に立ってもらった状態になります。

データからランディングページを最適化する

Webマーケティングの有効な手段としてこのランディングページを最適にするようにする施策があります。

ランディングページ内の機能をユーザーが使いやすいように改善したり、目的のページにたどり着きやすいように変更したりすることがランディングページ最適化の方法です。

従来の紙媒体のマーケティングと違ってWebマーケティングの素晴らしいところは、Webマーケティングを色々試してみて、そのデータをサイトの改善に役立てることができるという所です。

データを使えば誰がどこから来て、どのページを何分見たかということが一目瞭然となります。

そのためどの施策がどれだけ効果的に販売に寄与したか、反対にどの施策が全然ターゲットにリーチしなかったかがわかります。

施策の効果を瞬時に把握できるので、常により良いサイト作成に活かすことができるというメリットがあります。

Webマーケティング成功に必要な知識

ただし、Webマーケティングで成功するにはGoogle AnalyticsAD EBiSなどのサイトの解析ツールを使いこなせる知識が必要です。

また魅力的なwebサイトの構築のためにプログラミングの知識やデザインの知識があればさらに良い結果をもたらすでしょう。

大企業ではWebマーケティングに関して外部のコンサルタントに依頼することもあるほど、予算をかけてでも販売促進のために重要視したいポイントになっています。

Webマーケティングで成功したいのであればまずはランディングページ最適化などできるところから始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました