セールスを伸ばしていくのに役立つWebマーケティングの集客方法3つ

Webマーケティングの集客方法3つWebマーケティング

Webマーケティングの集客方法にはアドネットワーク広告やリスティング広告、メールマーケティングなど色々な方法があります。

3つのWebマーケティング集客方法

アドネットワーク広告

例えばアドネットワーク広告とは複数のWeb広告枠に一度に配信する広告でGoogle AdSenseなどが、それらのサービスを行っている企業として有名です。

広告を出す方は複数の配信する先と契約する必要がなく、窓口が一つになるのでとても簡単に大量のWeb広告を配信することができるというメリットがあります。

広告を出す方は配信する先を選べないというデメリットはありますが、一度広告を訪れたユーザーのクッキー情報をもとに、再度広告を配信するというリターゲティング広告へつなげることもできるので、大変便利な集客方法の一つです。

課金方法はユーザーがクリックした回数によるクリック課金か、サイトの表示回数によるインプレッション保証のどちらかで行われるのが一般的です。

リスティング広告

リスティング広告とはGoogleやYahooなどで検索をした時に現れる広告のことです。

何かキーワードを入れて検索した時に自然検索の結果の上部に広告が複数表示されているのを目にした機会があると思います。

その上部に表示されている広告がリスティング広告なのです。

あらかじめユーザーが気になるキーワードをもとに検索しているので、広告を表示すれば滞在層にリーチする確率が高いです。

リスティング広告は比較的低予算から始めることができますし、はまればかなりの確率で集客ができる方法です。

メールマーケティング

メールマーケティングとはメルマガやステップメールなどを使って集客する方法です。

現時点で購入する気持ちがないユーザーでも、メルマガの内容を属性に合わせて変更することによって近い将来の購入へ促すことができます。

スマホの普及によってユーザー側はいつでも好きな時にメールを開けばよいので負担になりません。

これらの集客方法を駆使して効率的にセールスをしていくことがWebマーケティングの醍醐味といえます。

Web上でユーザーを集める方法と接客方法

Webマーケティングで重要なのはいかに売り込みをすることなく、ユーザーに販売するかということです。

近年Webの世界は飛躍的に発展したおかげでWebマーケティングの方法も多種多様に変化していきました。

これをすればWebマーケティングに成功するというものはなく、いくつか試してみて最も効果の高いものを選択し、優先的に予算を投下していくのが一般的です。

費用対効果がはっきりわかるのもWebマーケティングの最大の特徴で、あらゆるデータを活用して、集客、そして販売していくことがWebマーケティングの面白みと言えるでしょう。

そこでWebマーケティングの集客と接客方法についてご紹介します。

集客方法

集客方法として最近よく目にするのがFacebookやTwitterなどのソーシャルネットワーキングサービスに広告を出す方法です。

この方法であれば年齢層や住んでいる地域、興味のあることなどの属性を決めてから広告を出すことができるので、より狙いたいターゲットにリーチする可能性が高いです。

Facebookの広告はスライドショー広告や動画広告など様々な種類の広告を選ぶことができ、決められた予算内で広告を出すことができるので、低予算で始めることができます。

同じくソーシャルメディアを利用してユーザーとの密な関係を築いていくこともWebマーケティングの集客方法として有効な手段です。

よく企業がFacebook上でサイトをもっているのを見かけると思いますが、こうやってユーザーとコンタクトを取ることで、よりコミュニケーションを取りやすくし、そして自社のサイトへアクセスするように促すことができるのです。

接客方法

せっかくユーザーを自社サイトに誘導しても購買やお問い合わせなど何かアクションを取ってもらわなければ意味がありません。

そこでランディングページで購入を促してみたり、リアルタイムでチャットをしたりなどをする接客が必要となってきます。

またできるだけフォームに入力したり、カートに物を入れている状態でユーザーが離脱しないようにするのもWebマーケティングで重要となる接客方法です。

 

タイトルとURLをコピーしました